Loading

オスミウムコーター四酸化オスミウムアンプルについて

オスミウムコーターには欠かせない、四酸化オスミウム結晶についての重要なお知らせです。
過去に推奨品としてご案内をしておりましたオスミウムアンプルについて、想定以上の長さがあり、オスミウムチャンバーに入らないといった事例が報告されました。
報告事例のあったオスミウムアンプルは、
日新EM社製 オスミウム酸1g入り(Cat.No,300)
富士フィルム和光純薬製 酸化オスミウム1g入り(製品コード157-00404)
上記2件です。上記アンプルをお持ちのお客様は、下記に示します規定内の大きさに適合しているかどうかをご確認くださいますようお願い致します。適合していれば問題なくご使用いただけます。

目次【内容】
  1. オスミウム室の寸法【HPC-20】
  2. オスミウム室の寸法【HPC-1SW・HPC-30W】
  3. 割断機構に関する事例
  4. オスミウムアンプルの購入先について
  5. 今後のご案内について

 
 

機種別オスミウム室の寸法について

【HPC-20】
HPC-20では、アンプルのサイズ変化に対応できるよう、ある程度余裕を持たせた寸法の設計となっております。
通常仕様では、装填できるアンプルサイズは直径12.8mm以内、寸胴型タイプ高さ60mm以内、アンプルタイプ高さ65mm以内となります。また、アンプルオサエを乗せずに収容する場合は、高さ78mm以内まで対応が可能です。

【HPC-1SW・HPC-30W】
HPC-1SW、HPC-30WにOSK形アンプル割断機構をご利用の場合
通常仕様では、装填可能なアンプルサイズは直径13mm以内、高さ65mm以内となります。

割断機構に関する事例につきましては次の内容をご承知ください。

くびれの位置が合わない
割断機構はアンプルに対して割断軸を押し当てて割る構造です。そのため、10mm程度位置がずれていたとしても割断することは可能です。

アンプルオサエが入らない
アンプルオサエを乗せるとオスミウム室に納めることが出来ない場合、アンプルオサエは乗せずに収容することが可能です。

アンプルにくびれがない
くびれが存在しない場合、おおよその割断位置に合わせてダイヤモンドやすり等で胴回りに1周キズを入れてください。

アンプルのガラスがばらばらに割れてしまう
上記のように、割断位置がずれていたり、アンプルオサエが無い場合、割断時にオスミウムアンプルのガラスがばらばらに割れてしまうこともございますが、使用上は特に差支えはございません。オスミウム室はアンプル装填後、オスミウムを使い切るまで一切取り外す必要がございませんのでご安心ください。

装填が困難な場合
アンプル形状が合わない、全高が長く、入れることが出来ない場合など、お困りの状況となりましたら一度弊社までご相談ください。
 
 

アンプルの購入先について

2020年7月現在、推奨品としましては
富士フィルム和光純薬製 酸化オスミウム500mg入り(製品コード159-00403)
になります。
通常はこちらの商品をお買い求め下さい。

現在のところ、上記商品につきましては弊社でも購入している商品であり、「容器の変更予定はございません」との回答を頂いておりますので、引き続き推奨品としてご案内させていただきます。

富士フィルム和光純薬オスミウムアンプル参考データ
<159-00403 0.5g入り>
胴径:12.6mm アンプル型
全高:不定(溶封するため)
※実高さ:55mm~65mm(※但し高さの規定はありません)
くびれ部から下の高さ:35mm程度

2020年7月現在
キシダ化学 酸化オスミウム1g入り(製品コード000-57911)
こちらも適応範囲内であることと、「容器の変更予定が無い」との回答を頂いております。実際に購入してみたところ、5年以上前のものと大きさは変わっていませんでした。従いまして、1g入りアンプルとしてはキシダ化学様も推奨品としてご案内させていただきます。

キシダ化学オスミウムアンプル参考データ
<商品コード000-57911 1g入り>
胴径:12mm 寸胴型
全高:不定(溶封するため)
※実高さ:55mm~60mm程度(※但し高さの規定はありません)
※くびれ部から下の高さ:26mm程度

※推奨品であってもオスミウムアンプルの形状が予告なく変更される可能性があることを予めご了承ください。
(最新の情報につきましては随時更新して参ります)

オスミウムアンプルの取り扱いのある会社様は以下をご参照ください。

日新EM様
※適応寸法をご確認の上ご購入下さい。

応研商事様
海外製アンプルお取り扱いあり。適応寸法をご確認ください。
 
 

今後のオスミウムアンプルに関するご案内について

今後も最新の情報につきましてはWEBページにて更新して参ります。

ご案内の通り、オスミウムアンプルは溶封で製造されるため、高さに対する規格がございません。そのため、想定を大きく超える長さのアンプルであったり、アンプル容器の変更も起こり得ることを何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせは「サービスお問い合わせ」よりご連絡ください。

関連記事

  1. オスミウムコーター【HPC-20】プログラムバージョンアップ【V…
  2. オスミウムコーター【HPC-20】装置設置寸法と作業スペースにつ…
  3. オスミウムコーター【HPC-20】プログラムバージョンアップ【V…
  4. オスミウムコーター【HPC-20】プログラムバージョンアップ【V…
  5. オスミウムコーター【HPC-20】厚膜制御プログラムリリース
PAGE TOP